• 堺市に住んでみませんか?

ゾンビの中心で、愛をさけぶ

「ゾンビの中心で、愛を叫ぶ」
・製作年:2018年
・製作国:デンマーク/スウェーデン
・原題:「ZOO」
・上映時間:95分

ストーリー
教師と警官の冷めきった夫婦が、ゾンビが徘徊始めた世界で部屋籠城しで助けを待つ話。
ゾンビは生存者の顔を食べる。
最初は2日しか食料しかもたないと言って、教師の夫は泥棒はダメと言い、警官の妻は生き残るためと言いながら、結局は不在の家から持って来る。
状況がどんどん悪化していくため、体力作りをして、気分を保つためにドラッグを使ったりする。
生存者とはトラブルしかなく、それを乗り越え二人で生き残るため、協力し愛を確かめながら生き残っていく。

感想
原題「ZOO」で日本語タイトルは「ゾンビの中心で、愛をさけぶ」狙いすぎだろと笑ってしまうが、見ると意外とタイトル合ってるかもと思いました。
最終的には生き残るために何でもやるって感じですね。
近所の空き家から食料を盗み、生存者がくれば、いじわるして追い出そうとしたり、反撃しようとしたら、クッキーに覚せい剤を混ぜて食わせて殺したり、強盗に関しては撃退するのは、まあそうするしか無いですね。
基本的には全て部屋の中でストーリー
トレーニングシーンやドラッグ使ってるシーンなどが多いため、ちょっとあきちゃう人がいるかもしてない。
部屋に閉じこもっているので、あんまりゾンビは出てこないので、怖いという印象は無いので見やすかったですね。
見どころありますが、実際にストーリーがあるのは全部で45分くらいかな?
最初の10分くらい
0:25~0:50くらい(途中は早送りで良い)
0:57~1:07くらい
1:22くらいから最後までは見る価値があります。
ここからラストまでが、この映画良い所だと思いますので、気になる方は是非、最初を少し見て早送りして、ここからはゆっくりと見ても良いと思います。
ラストのシーンは私はキライでは無かったですね。
ゾンビものではありますが、ゾンビはおまけですね。
最後に制作国はアメリカでは無いようですが、アメリカの話になっています。
何故わかるというと、大統領がトランプさんだったか(w
実際には名前が出てくるだけですが、こういったチョイネタとかは良いですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA