• 堺市に住んでみませんか?

Acer ノートパソコンでファンクションキーが使えない。

0 WORDを使っている時に「F7」を押しても「カタカナ」にならないと連絡をいただきました。 確認したところ、Acerのノートパソコンとのことでした。 解決方法 その1 「Fn」を押しながら「F7」を …

続きを読む

承認・認定の違い

0 承認 その事柄が正当であると判断すること。もっともなことだと思うこと。 認定 国・地方公共団体などの行政機関が、各種の事柄の存否・当否などを判断して決定すること。 宅建で、ひっかけで出てくる単語で …

続きを読む

宅建士 1問1答 【民法】代理 回答01

0 回答 X 解説 Bは代理権の濫用です。 CはBの行為に関して悪意です。 Aには帰属しない。 ※第三者が悪意、善意有過失の場合は本人は代理行為について責任を負わない。 平成30年【問2】 問題に戻る …

続きを読む

宅建士 1問1答 【民法】代理 問題01

0 Aが所有する甲土地の売却に関する代理権をBに授与し、BがCとの間で、Aを売主、Cを買主とする甲土地の売買契約を締結した Bが売買代金を着服する意図で本件契約を締結し、Cが本件契約の締結時点でこのこ …

続きを読む

宅建 1問1答【民法】意思表示 詐欺 回答02

0 回答 X 解説 B=善意(知らなかった) D=悪意(知っていた) A→B(善意)→D(悪意) Bが善意なので、Aは取り消しできない。Dは悪意でもBが善意なので、Aは取り消しできない。 平成30年【 …

続きを読む

宅建 1問1答【民法】意思表示 詐欺 問題02

0 AがBに土地を売却した。 Aが第三者の詐欺によってBに甲土地を売却し、その後BがDに甲土地を転売した場合、Bが第三者の詐欺の事実を知らなかったとしても、Dが第三者の詐欺の事実を知っていれば、Aは詐 …

続きを読む

宅建士 1問1答 【民法】意思表示 虚偽 回答01

0 回答 〇 解説 AB間の売買契約は、通謀虚偽表示のため無効。 Cは善意無過失のため、対抗できない。 通謀虚偽は善意の第三者に対抗できない 過失の有無、登記の有無は問わない。 平成30年【問1】 問 …

続きを読む

宅建士 1問1答 【民法】意思表示 虚偽 問題01

0 問題 AがBに甲土地を売却しました。 AB間の売買契約が仮装譲渡であり、その後BがCに甲土地を転売した場合、Cが仮装譲渡の事実を知らなければ、Aは、Cに虚偽表示による無効を対抗することができない。 …

続きを読む

宅建士 1問1答【民法】錯誤 回答01

0 回答 〇 解説 A(表意者)の錯誤に重過失あり=無効の主張はできない。 B(相手方)も無効を主張できない。 平成30年【問1】 問題に戻る 宅建TOPページ 0

続きを読む

宅建士 1問1答【民法】錯誤 問題01

0 AがBに土地を売却した。 Aが甲土地を売却した意思表示に錯誤があったとしてても、Aに重大な過失があって無効を主張することができない場合は、BもAの錯誤を理由として無効を主張することはできない。 回 …

続きを読む