• 堺市に住んでみませんか?

レ・ミゼラブル 少女コゼット

レ・ミゼラブル 少女コゼット<AmazonPrime>にて視聴しました。

世界名作劇場で視聴したことが無かったので全話視聴してみました。
昔、本を読んだものと少し違ったのですが、ほぼ原作通りと聞いていたのですが、確かにもの凄く良かったです。
ジャンバルジャンの苦悩ややさしさ、コゼットの純粋さ、ユリウスの愛、などなどキャラクターもしっかり書かれていて、凄く良かった。
実は見ている時にプラモデルを作りながら見ていたのですが、泣きながらプラモデルを作る40代のオッサンがここにいました。
傍から見られると、エグイ光景に見えたかもしれません。
丁度荷物を届けに来た、配達のお姉さんが「???」みたいなことになってましたが、そこは見なかったことにしてね~~

記憶違いかもしれませんが、原作と違うかもと思ったシーンがいくつもあった。
序盤ですが、コゼットって確か相性で本名が確か出て来てたと思ったが、もしかしたら聞き飛ばしたかもしれない。
本名の方は憶えていなので、気にしないでおこうとスルーしました。
ファンティーヌに関しては、子供向けなので、髪を売るシーンはあったが、その他の歯を売るシーンや売春のシーンは無かったですが、それで良いと思いますし、もしかしから元々無かったかもしれませんね。
大幅に記憶と違ったのが、テナルディエの一家ですね。
ガブローシュ、革命の時に撃たれて死んだはずですが、生きててビックリしました。
おかみさんは確か投獄されあと獄中で亡くなったはずですが、改心して最後まで生きていましたね。
テナルディエは最後に逮捕されちゃったけど、実際はアメリカに渡って奴隷商人になってたような?
買ってた犬は確かすぐに死んでしまったような、シュシュって名前はオリジナルなんでしょうか?覚えてないので何とも言えないが、ガブローシュの相棒として見守っていて、さらに命まで助けるのだから凄い名犬ですね。
他にも記憶にないシーンなどもあったけど、原作を読んだのが30年ほど前なので、私の記憶の方がアヤシイ(笑
原作と違っているシーンはあるが、良い方に変更されていた思います。

今回はAMAZONさんで視聴しました。完結版は90分でまとめられているダイジェスト版かな?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA