• 堺市に住んでみませんか?

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実


「1941 モスクワ攻防戦80年目の真実」 の作品情報
製作年: 2020年
原題: THE LAST FRONTIER

ストーリー<公式HPより>
1941年10月。
ロシアに侵攻したドイツの大軍は、モスクワを目指し進撃を続けていた。
首都が陥落すれば、ソ連の敗北とナチスの勝利が決定的になる。
モスクワを死守するため、兵力不足のソ連軍は訓練中の学生兵を戦場に送ることを決断。
ポドリスク兵学校士官候補生のラヴロフやディミトリ、看護師のマーシャたち3,500名が、イリンスコエ防衛ラインに向かう。
任務は、増援部隊が到着するまで敵を食い止めること。
だがそこは、戦場を初めて踏む若者たちにはあまりに苛酷な、地獄の最前線だった。

感想
日本のタイトルには「真実」となっているが、かなりのフィクションが入っていると思う。
とはいえ、大筋の歴史は変えられないので、そこは忠実なんじゃないかと思いますが、詳しく無いので話せないかな。
実際の装甲車や戦車などは凄くリアルでカッコイイと思った。
戦争映画ですから、悲劇の連続です。
「敵を沢山殺したか?」と聞かれ「沢山殺した、でも沢山仲間も殺された」その後仲間の名前を言っていくシーンで涙が出てしまった。
残念なところは、何故か、恋愛的要素が入ると、ストーリーが安っぽくなってしまう。
家族や恋人の別れのシーンは良いんだけど、恋愛のパートに入るとストーリーが一時中断るのは時間の無駄だと思った。
学生が最前線に送られて、命が失われていく、本当に戦争なんていやですね。

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実<楽天の商品一覧です>

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA