• 堺市に住んでみませんか?

宅建士 1問1答 【民法】代理 問題01

0

Aが所有する甲土地の売却に関する代理権をBに授与し、BがCとの間で、Aを売主、Cを買主とする甲土地の売買契約を締結した
Bが売買代金を着服する意図で本件契約を締結し、Cが本件契約の締結時点でこのことを知っていた場合であっても、本件契約の効果はAに帰属する。

回答


平成30年【問2】

宅建TOPページ

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA