• 堺市に住んでみませんか?

2021年6月1日までに、Gmail、Google Chat、Google Meet の情報をどのように使用および他サービスと連携するかをお選びください

Q:下記のメールが届きました。これは詐欺メール(迷惑メール)でしょうか?
The Gmail Team
2021年6月1日までに、Gmail、Google Chat、Google Meet の情報をどのように使用および他サービスと連携するかをお選びください
Gmail、Google Chat、Google Meetの新しい設定でお客様の情報を管理

A:
[gmail-noreply@google.com]より届いていましたら、詐欺メールではありません。
Gmailからの正式な案内のメールになります。
※メールアドレスが違う場合は詐欺メール(迷惑メール)の可能性があります。

連携設定のデフォルトは[OFF]になっていますので、特に使っていない方は、何もせずにメールを削除でOKです。
※気づかずに、設定を[ON]にしている方もいるので、確認しておくことをオススメします。

Gmail、Chat、Meet とその他の Google サービスのスマートな機能とパーソナライズ
公式の設定方法は下記のURLにあります。
https://support.google.com/mail/answer/10079371

必要な場所だけになりますが、設定の方法の説明です。

Gmail、Chat、Meet の場合:
Android スマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
メニュー アイコン メニュー 次に [設定] 次に 調整するアカウントをタップします。
[全般] までスクロールします。
スマート機能の有効と無効を切り替えるには、[スマートな機能とパーソナライズ] の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

Gmail アプリ を開きます

メニューアイコンから[設定]をタップ

設定するアカウントをタップ

[全般]までスクロールします。

他のサービスとのデータ共有をオンまたはオフにする
[他の Google サービスのスマート機能とパーソナライズ] の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

今回の設定の説明
簡単に説明すると
設定を有効にすると、いろいろな情報を纏めて管理してくれるサービスです。
便利な機能なので使いたい場合は[ON]
管理させるのはイヤという方は[OFF]

詳細な説明
公式HPより抜粋
Gmail には、Gmail、Chat、Meet でのユーザーデータの使用について管理する設定と、そのユーザーデータをどのように他の Google サービスと共有するかを管理する設定の 2 つがあります。

Gmail、Chat、Meet のスマート機能のうち、お客様のデータに依存するものは次のとおりです。

自動メールフィルタと分類の機能
スマート作成とスマート リプライの機能
メールのアクションの表示機能と高優先度メールの通知機能
メールの上にある概要カードに荷物追跡や旅行の最新情報が表示される機能
予定の詳細情報を使用して、カレンダーの予定を作成する機能
文章の候補が表示される支援機能
検索候補がインテリジェントに表示される機能
Gmail、Chat、Meet のデータに依存するその他の Google サービスの機能は次のとおりです。

Google アシスタントから請求書の支払い期日のリマインダーが届く機能
Google マップにレストランの予約情報が表示される機能
[旅行] に旅行プランが表示される機能
Google Play にポイントカードが表示される機能
予定している旅行のおすすめのオフライン マップが表示される機能
ユーザーのデータに依存する新機能がこれらのサービスに追加された場合は、それらの機能も同じ設定で制御されることになります。

スポンサーリンク

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA