• 堺市に住んでみませんか?

MG MS-07B グフ ヴィッシュ・ドナヒュー専用機

MG
MS-07B GOUF
PRINCIPALITY OF ZEON VISCH DONAHUE’S USE MOBILE SUIT

マスターグレード
MS-07B グフ
ヴィッシュ・ドナヒュー専用機

マスターグレードのグフ(Ver1.0)を使用して、ヴィッシュ・ドナヒュー専用機を作ってみました。
当初はプレミアムバンダイiconさんで過去に発売された1/144を参考に作成しようと思いましたが、デカール以外は設定と大幅に違うといこうこともあり、自分の解釈で作成しました。

ヴィッシュ・ドナヒュー中尉
ジオン公国オーストラリア駐屯軍アリス・スプリングス支隊のモビルスーツ部隊隊長。
機動力を生かした電撃戦をが得意で、殿軍を好んで勤め無事帰還することから「荒野の迅雷」の異名で敵味方に広く知られた。
個人戦より集団戦を重視しており、部下らには個人ではなく部隊の一員として戦う事を徹底させた。
愛機のシールドに眼帯を着けたドクロと稲妻をモチーフにしたマークを自ら描いている。
作成にあたり、以前知り合いが、フリーマーケットでゲットして、プレゼントしてもらった、300円のマスターグレードのグフを使用することにしました。
このキットは足の関節パーツが破損、一部パーツ欠品、マニュアル無しでした。
マニュアルに関しては、先に「B3」のグフを作っていたこともあり、特に困ることはありませんでした。
しかし、パーツの欠品が足の関節パーツだったので、手に入れてから10年以上放置していた原因でした。
そして、先日「B3」を作った際に、欠品パーツが余剰パーツで付いていたのです。
これはラッキーでした。
ちょうど「グフ」を集中して作っていたこともあり、在庫を減らしたいこともあり、このキットに着手しました。

特に本体で改造した点はありません。
足の関節パーツはプラバン(ランナーのタグ)を貼り付けて、補強して更にパーツを固定することで、強度を保つようにしました。
なので、このキットは左足が曲がりません・・・

そして、HGUCには付属していなかった、3連装35mmガトリング砲はShade3Dでモデリングをして、3Dプリンターで出力しました。
画像は下の方に載せていますが、モデリングデータは配布しません。
あくまでも、自分が楽しむためで、著作権とかもあると思うので、ごめんなさい。

盾のドクロのマークはネットで探したマークを盾の大きさにフォトショップで加工して、作成しました。
今回作った感想として、今から作るなら「Ver2.0」で作成できますね。
また、HGUCでもリバイブ版のグフを使えば、十分再現できます。

3Dデータ作成画像

 

今回の使用キットを紹介します
ネットで買うなら下記の2店舗がオススメです。
あみあみ
ホビーサーチ

下記はアマゾンのリンクを使用しています。
(転売屋のプレミヤ価格を気を付けてください)
今回の使用キット(2800円+消費税)

MG 1/100 MS-07B グフ (機動戦士ガンダム)


オススメキット(定価3800円+消費税)

ガンプラ MG 1/100 MS-07B グフ Ver2.0 (機動戦士ガンダム)


HGUC(1,500円+消費税)

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA