• 堺市に住んでみませんか?

平成30年度宅地建物取引士資格試験【問50】

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。


集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。


鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。


鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。


正解:3
平成30年度宅地建物取引士資格試験
解説
平成30年度宅地建物取引士資格試験

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA