• 堺市に住んでみませんか?

イラストのお仕事をしていた時に使っていたツール

私の個人的なPCの使用ソフトを紹介しようと思います。
私がイラストの仕事をしていたのは、かなり前なので、参考になるかは疑問がありますが・・・
 
先に金額を教えてと言われることも多いので、だいたいの金額になります。
同じ環境(最新のバージョン)でそろえるといくらくらいになるのと聞かれたので
全部で10万~12万円くらいです。(買った当時は30万くらいはかかってるかな?)
では、その詳細の説明をよろしければ見てください。

イラスト関連ソフトと周辺機器
ソフト
Adobe
Photoshop(5.0)
Illustrator(5.0)
※現在のバージョン(CC)はサブスクリプション(購読制ソフトウェアサービス)となっています。
Shade3D(Ver.17)
※現在のバージョンは(Ver.21)はサブスクリプション(購読制ソフトウェアサービス)となっています。
周辺機器
スキャナー
GT-5620(スキャナー)
ES-D200(スキャナー)
PX-047A(プリンター&スキャナー)
主に使っているのは「PX-047A」です。
※現在は旧モデルとなっています。(EW-052Aが現行機種で近いです。)
ペンタブレット
WACOM(ワコム)のペンタブレットを使っていましたが、知人に譲渡しました。
CTL-672/K0-C(ペンタブレット)
大きさはこれくらいのものを使っていました。

イラストのお仕事をしていた時に購入
フォトショップとイラストレーター
イラストや漫画の仕事では必須と言っても良いツールだと思います。
もちろん、他にもたくさん良いツールはありますが、最初(フォトショップ5.0J)を買って(イラストレーター8.0J)を使ってからは高くてもお金を出す価値があるツールと思い込んで使っていました。
今はプラモデルのデカールを作成したり、ホームページ用の画像を編集したりで使用しています。
最初は難しいと思ったけど、使いなれると他のソフトに移行できないかもしれませんね。
本当はバージョンアップしたいけど、サブスプリクションで、心が折れました。

Shade3D
私は3DCGをメインに活動していたので、少しは知っている方もいるかな?
そんなことは置いておいて、以前はリーズナブルでCADに近い操作性ということで、本当にお世話になりました。
本来はサブスクリプションでなければ、今でもバージョンアップしていたと思います。
Shadeを始められる方は最初はBASICから始めることをオススメします。
今でも一番使っているツールです。(主にプラモデルのパーツ作成に使用)

サブスクリプションとは?
月額や年額でソフトを定期購入することです。
新聞などの定期購読とよく似た感じと思ってもらったら良いと思います。
なので、私のように現行のWindowsのバージョンに対応できなくなったらバージョンアップする。
といった方法でバージョンアップしているような人には不向きですね。
逆に常に最新のバージョンで使用したい人には凄くオススメです。

スキャナーやペンタブもイラストにはあった方が便利ですよ。
スキャナーは3台ありますが、GT-5620はPX-047Aが来てからは使っていません。
ES-D200は複数枚の取り込みをするときに使っています。
ペンタブレットは知り合いがイラストの仕事を始めたときにプレゼントしました。
自分はほとんどマウスで描いていたので、あまり使用していなかったですね。
あると凄く便利な周辺機器です。
知り合いのほとんどはペンタブレットを使用していました。
というか今でも皆さん使用しています。

Adobe Illustrator Photoshop|12か月版|Windows/Mac/iPad対応|オンラインコード版

 

Shade3D Ver.21 Basic(初年度サブスクリプション)

エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EW-052A 2019年新モデル

【ワコムストア限定】ワコム ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデル Mサイズ CTL-672/K0-C

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA