2019年3月19日
  • 堺市に住んでみませんか?

本能寺ホテル

「ぶりぶり~、ぎっちょう~!!」

が印象的でした。

婚約者の両親に挨拶するため京都にやってきたヒロイン。
手違いで、ホテルの予約の日にちが間違っており、飛び込みでチェックインした本能寺ホテル。

エレベーターに乗るとタイムスリップして、戦国時代にタイムスリップと感じで始まります。

ずっと戦国時代にいるのではなく、行ったり来たりするので、それぞれの流れでストーリーを追っていく感じですね。

最後はやっぱりそうなるか~~って感じですね。

森蘭丸のイメージが違ったというところ、実際に行けば、たぶん同じように思うと思います。

当時と現代では感覚も違うと思われますもね~~

なんか、安心して飽きることなく見れることのできる映画でした。

のほほ~~んとした主人公は「綾瀬はるか」はぴったりの役ですね。

なんか、ほんわかします。

「ぶりぶり~、ぎっちょう~!!」という遊びを家臣がやってるシーンが凄く楽しそうでよかった。

いっぺんやってみたいですね。

でも、当たったら痛そうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA